TREMY900

スクリーン版用半自動拡大観察システム

スクリーン版の表面上をカメラが自動で動き、モニターで拡大画像を確認することができます。

パソコンを使用しないシンプルな構造の拡大検査器です。

 

基板サイズ Min:300mm × 300mm ~ Max:1,000mm × 1,000mm









スクリーン版専用
スクリーン版専用の為、基板製造の前段階にて不良を確認出来ます。

フレームの厚みを考慮したカメラ調整機構
スクリーン版の反対面の確認が必要な場合でも、タッチパネル上で簡単にカメラの段取り替えが可能。

全体確認動作モード
対象物のサイズと、カメラ移動スピードを指定するだけで、対象ワーク全体を正確に確認することができます。

ポイント登録動作モード
対象物の位置が部分的に存在する場合、あらかじめカメラに位置を学習させることで
より効率的に画像を確認することができます。

品種登録・呼び出し機能
対象物のサイズやカメラ移動モードを記録し、簡単に呼び出すことができます。








  
   
装置サイズ・重量・電源
装置サイズ 1,980mm x 1,200mm x 1,950mm (WxHxD)
重量 約400kg
TREMY900 製品仕様
搭載可能基板サイズ   MAX1,000mm x 1,000mm
保持可能フレーム厚   MAX約30mm
ディスプレイ 21inch 液晶ワイドモニター
ディスプレイ表示倍率 10倍 20倍 30倍 40 ~ 134倍
表示範囲 49mm
x
27mm
23.8mm
x
13.3mm
16mm
x
9mm
11.5mm x 6.5mm

3.5mm x 2.0mm
レンズ先端からワークまでの距離 100mm 150mm 132mm 90mm
最大消費電力 装置全体 1ф AC200 ~ 230V / 約1,100VA
タッチパネル 寸法 97.6mm x 80.2mm x 16.2mm (WxHxD)
画面サイズ 3.5型 TFTカラー





カタログ・資料請求はこちら。